2005-12-31

最近のダウンロード書皮

新聞等で紹介されたせいもあるのか、最近いろいろなところでダウンロード用のブックカバーが作られている。
例えば、清泉女子大学大阪地方検察庁。その他は書皮の名刹の"New"マークを参照。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-11-17

大阪屋五十年史

ジュンク堂についてもっと調べたいと思い、『大阪屋五十年史』(2000年、大阪屋発行)を図書館で取り寄せてみた(大阪屋は、ジュンク堂のメインの取り次ぎ会社)。地元の図書館にはなかたので、都立図書館からの取り寄せで時間がかかった。
ジュンク堂については僅かしか記述がなかったが、大阪屋が書店用に有償提供している花森安治デザインの包装紙についての記事が興味深かった。
この包装紙(ブックカバーも)は、1954年「大阪府出版物小売協同組合」の求めに応じて作られ、花森安治に図案を以来したものだという。花森安治は、草創期の『暮らしの手帖』を大阪屋が現金仕入れしてくれたことを恩義に感じていたのだそうだ。
さらに、その図案は、「書店奥様教室」の参加者のための「特製ゆかた」にアレンジされたり、大阪屋の広報誌の表紙などに使用されたりした。
記事の最後に、「なお、書店に提供したブック・カバーはいつの間にか、その著作権上の処理を曖昧にされ、当社の方で不明確にしたわけではないが、一方的に与り知らないところで、取引のない書店でもカバーデザインに使われるなど、一人歩きしてしまったかのようになっているのは、残念なところである。」との一文がある。書皮友好協会員の報告によると、確かにこの書皮(ブックカバー)には微妙うバージョンがあったり、できそこないの模写があったりするのである。

hanamori1_small.jpg


記事につけられている包装紙の写真にはy.hana の署名が入っているが、私の手持ちのブックカバーをいくつか見たところ、この署名は無かった(上の画像)。包装紙とブックカバーとで違っているのか、それとも私の持っているのは「一人歩きしてしまった」ものなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-04-11

画像を無断転載された

関心空間で「書皮」を検索するといくつか出てくるが、その中のひとつで、私のHPにある画像を、断りも出典もなく使用してるのがあった。この人、他の記事もそんな感じで作ってるのが多いみたい。別に使用を差し止めるつもりもないが、ひとこと断ってくれればいいのに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)