« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007-01-29

グッジョブ・ブックショップ

雑誌『散歩の達人』で、「グッジョブ・ブックショップ!」という連載が始まっていることに気づく。
「町の本屋さんに送る小さなエール」という副題がついている。
1月号は今野書店(西荻窪)、2月号は幸福書房(代々木上原)。
「書店さま、当コーナーでは皆様からの、こだわりポイントやイベント情報などをお待ちしています!」とも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-01-01

お正月番組

NHK BS2で2日放送予定の「オールスター昭和なつかし亭昼席・夜席」は、保存版のにおい。

放送大学の特別講義でよいものがいくつか。もう放映済みだが、1日朝やっていた「近世邦楽における間テクスト性」(徳丸吉彦教授)は、孤立して関係がないと思われている地唄、長唄、義太夫といったジャンルの間に、引用などの形で関連性がみられるという内容だった。
同じく1日朝の「小説を訳す~翻訳は何を伝えているか~」は、柴田元幸教授(というより翻訳家として有名)の担当。『我輩は猫である』のタイトル英訳の3例
"I Am a Cat."
"Call Me a Cat."(『白鯨』の出だしをもじったもの)
"Gentlemen, You See Before You a Cat."
を比較するところから説き起こす。3つ目のものが、表面的な意味を失っているにもかかわらず原文の特徴を最も再現しているという。番組全体が、講義というよりエンタテインメントとして楽しめる内容。
1日夜の『表象としての山水・花鳥画』は、「山水画と花鳥画に託された中国の人々の精神について講義する」(番組案内より)。渋い。
ほかには、1日『ウェーブレットと錯視』、3日『あくがれゆく牧水』、7日の『最古の戸籍をデジタルで読む』 なんかが面白そう。
年末に矢崎彦太郎氏(バンコク交響楽団名誉指揮者)の「指揮のわざ」という講義をやっていたが見落とした。2月4日にも放送するらしいので、今から録画予約。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »