« 敬愛なる | トップページ | 恋愛文庫のブックカバー »

2006-11-23

のだめ関連リンク

前の記事で触れた、コンバスを回させるアンダーソンの曲は、他のブログでも結構触れられていて、"Plink Plank Plunk"と判明。オケをやっている知人から、やっぱりあそこでは回せないというコメント。第1楽章のフェルマータの裏拍で回せると書いているブログもあったが、放映された映像ではフェルマータの持続中に回している。

ドラマや原作に触れたブログや関連サイトは数え切れないが、面白いと思った記事のリンクを集めてみた。

- ドラマのHPTopicsには観客エキストラ募集の案内が出ることも。のだめグッズ販売や、ドラマ使用曲リストもある。

- Fuji TV ART NET: ドラマ『のだめカンタービレ』を聴く♪ の vol.2「リアル・ヴァイオリニスト」たちに聞く、『のだめ』裏話!が面白い。

- TOMOKO NINOMIYA:原作者のHP。 Nodame Classic BBS には、コミック制作にもかかわっている茂木大輔さん(オーボエ奏者)や大澤徹訓さん(作曲家)とおぼしき人の書き込みも。
千秋の呪文料理ミレリーゲ・アラ・パンナ・コン・イ・ブロッコリのレシピあり。

- 『のだめ王国』ドラマ化記念サイト: 講談社のサイト。インタビュー記事第1回は、原作者の二ノ宮知子さん。

- 第15回フレデリックショパン国際ピアノコンクール開催記念スペシャルサイト: インタビュー第2回に、原作者の二ノ宮知子さん。

- ウィキペディア: のだめカンタービレのだめカンタービレ(テレビドラマ) の項がある。

- のだめオーケストラ公式ブログ: 撮影の裏話など。

- 大澤徹訓のホームページ: コミックでは海老原大作として登場する作曲家のHP。日記には、毎週月曜の放送後感想がのる。専門家らしい辛口の評も。ブログの方にものだめの話題あり。

- のだめ効果で急上昇!ベートーベン交響曲第7番: 報知新聞記事。

- はなせんの本音ぶちまけ日記: 観客エキストラ参加感想。 (R☆Sオケのデビュー公演の場面。)

【12/9追記】
-横浜バナナワニ園☆: 観客エキストラ参加感想。(マラドーナコンクール1次予選の場面。)

- 「のだめ」に沸く音楽業界 ドラマ化で人気に拍車: 朝日新聞記事。

- 「アニメ版のだめ公式サイト

- 原作連載誌Kiss の二ノ宮和子さんインタビュー記事 。作者にインスピレーションを与えた「リアルのだめ」の写真掲載。

|

« 敬愛なる | トップページ | 恋愛文庫のブックカバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27461/12791919

この記事へのトラックバック一覧です: のだめ関連リンク:

» のだめカンタービレ [トレンディーなキーワード]
テレビドラマ、アニメ化もされましたね。 青春クラシック 音楽コメディの [続きを読む]

受信: 2006-11-26 13:03

» 【アメキャラ メニューアイコン】シンプソンズアイコン&のだめ★ [☆アメキャラ ラブ☆]
月曜夜9時からフジテレビ系列で「のだめ(ピアノ科の女の子)の成果は実り、定期公演ではないかと思います。私は思いました。一つのものを作り出し... [続きを読む]

受信: 2006-12-04 15:52

» おなら体操 のだめカンタービレ ちょっと好きな転職中年 [転職したくない窓際中年のリストラ対策]
おなら体操とは女優、上野樹里(20)が昨秋、フジテレビ系主演ドラマ「のだめカンタービレ」の劇中でコミカルに歌い、話題を集めた「おなら体操」で“歌手デビュー”する放送終了後にもかかわらずCD化の要望が殺到したため、5月23日の発売が決定。久しぶりに...... [続きを読む]

受信: 2007-04-19 01:43

» のだめカンタービレ DVD-BOX〈6枚組〉 [楽天で充実生活]
のだめカンタービレ DVD-BOX〈6枚組〉 原作 : 『のだめカンタービレ』二ノ宮知子(講談社)プロデュース : 若松央樹(フジテレビ)/清水一幸(フジテレビ)脚本 : 衛藤 凛演出 : 武内英樹(フジテレビ)ほか CAST:上野樹里/玉木宏瑛太/水川あさみ/小出恵介/上原美佐/遠藤雄弥/サエコ/...... [続きを読む]

受信: 2007-05-08 22:33

» 『のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)』 [アマゾンでお買い物]
『のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)』アミューズソフトエンタテインメ... [続きを読む]

受信: 2007-05-26 07:41

« 敬愛なる | トップページ | 恋愛文庫のブックカバー »